ウラヤマクラシテルがついにオープン

ウラヤマクラシテルOPEN
6月17日(土)〜 
「ウラヤマクラシテル」6/17(土)オープンのお知らせ

陶芸家として北海道の大地から粘土を掘り出し、うつわを作り続けて20年の歳月が経ちました。北海道の自然と向き合ってモノを作り続けられる仕事と出会えたことに、私は日々感謝しています。

旭川市の北部に位置する森の中に、誰からも忘れ去られたように建っていた「旧旭川温泉」に移り住んだのが2002年。

少しづつ自力で、荒れたこの土地の環境を整え、建物をリノベーションし続けてきました。宴会場はロクロ場に、大浴場は登り窯へと変貌しています。

こうして、これまで地道に続けてきました「旧旭川温泉改造計画」が、今年6月17日に一つの節目を迎えます。

「旧旭川温泉」という過去の名称ではなく、「ウラヤマクラシテル」という名称として生まれ変わります。

「ウラヤマクラシテル」とはその名の通り「裏山で暮らしてる」ということです。「人」は「自然」を崇拝し、多くを学び、良くも悪くも掴み取ってきました。「裏山に暮らす」というのは、そういうことが身近に体験できる環境でもあります。北海道では、なおさらです。

私はこの「ウラヤマクラシテル」を自然と向き合った「人」「モノ」「ART」「文化」を紹介、発信する拠点として発展させていきたいと考えています。私たちはもっと自然や風土というものを知る必要があるのではないかと思うからです。

現在、陶芸家工藤和彦の陶器作品を中心にした展示をしているギャラリースペースと共に、中田竜明氏によって薪窯で焼かれた天然酵母パンの「ウラヤマベーカリー」を設置いたしました。

まだまだ整備が整いませんが、「ウラヤマクラシテル」においでいただき、「ウラヤマ体験」を楽しんで頂けたら嬉しいです。

ウラヤマクラシテル代表・陶芸家 工藤和彦

Works
あるだけ
Place
ウラヤマクラシテル ギャラリー
北海道旭川市東山2857-58
営業日 水・木・金・土
営業時間 12:00〜16:00
WEB

urayamakurashiteru-open

工藤和彦個展 此方(厚真町)

工藤和彦個展 此方(厚真町)
5月20日(土)-5月29日(月)
厚真町の古民家に知る人ぞ知るパン屋があります。
店主は高田さん。札幌では「高田パン」として知られていました。
厚真町に移転して2年目。
地元にも愛されるパン屋になったようです。
パン屋「此方」(こち)は古民家の中にあり、厚真町民ゆかりの地、富山の建築様式の建築物で、町が移築したものです。重厚な造りの中で営業しているのが「此方」です。
時代を刻んできた建物だけあって、雰囲気がなんとも言えません。
うつわが妙に馴染みます。
こういう空間でうつわを眺めると、幸せな気分です。
是非、天気のいい日に足を伸ばして尋ねてみてください。
高田さんのライ麦パンは深い味わいで好きです。

Works
約200点
Place
此方
北海道勇払郡厚真町字豊沢240-80
フォーラムビレッジ
tel.0145-29-7920
営業時間 10:00〜17:00
火曜日・水曜日定休
WEB

IMG_4812

工藤和彦個展 北の住まい設計社(東川町)

工藤和彦個展 北の住まい設計社(東川町)
5月27日(土)-6月11日(日)
北の住まい設計社は家具メーカーとして知られ、北海道らしいものづくりによって愛好者が多くいます。
この度の個展では「花をいける」をテーマにしたいと思います。
北海道はエゾヤマザクラの開花が終わると、植物が一気に成長する躍動の季節となります。
僕は草刈りの日々が続きます。

暮らしの中で、気になる草花をしばしば見つけます。
目が合うとでもいいましょうか、、。
それを摘んで「いける」。
僕はこういう日常の動作に尊さを感じます。

この度の個展では小ぶりな花入から、大壺までが揃います。
展覧会中はしばしば工藤が花をいけますので、そちらもお楽しみ下さい。

Works
約250点
Place
北の住まい設計社
東川ショールーム
北海道上川郡東川町東7号北7線
tel.0166-82-4556
営業時間 10:00〜18:00 水曜定休
WEB

image1706