工藤和彦 ちっちゃい花入いっぱい展(旭川)
7月20日(金)〜 8月27日(月)
近年になって、花を生けるのがとっても楽しいです。
自然豊かなところに住んでいても、意識がなければ小さな花には目が止まりません。
花を生けることで、「小さな花」「一枚の葉」「枯れた枝」など、私たちの手の届くところにも、たくさんの素晴らしい贈り物があることに気がつかされます。
花を生けるということは「活かす」ということに繋がります。
私たちと同じように、花を活かすのには水がなくてはなりません。
当然ながら花にとって、水を蓄える花入はとても大事な物なのです。

今展では花が花入を選べるように、たくさん様々な花入を作ってみました。
色は、黄粉引、緑粉引、白樺ホワイト、焼締、黒釉などで、形も砧(きぬた)、瓶子(へいし)、鶴首(つるくび)、下蕪(しもかぶら)、中蕪(なかかぶら)、華瓶(けびょう)、瓢箪(ひょうたん)、筒(つつ)、短頸壺(たんけいこ)、長頸壺(ちょうけいこ)などなどの伝統的な形から、、、、UFO型まで、ありとあらゆる物があります。

服を選ぶように、花の気持ちになって花入を選んでみてはいかがでしょうか。
『花も自分も花入も活かす』
花を生けるということはとっても楽しいのです。
工藤和彦

入場無料  ※ 展示品は即売しております。

Works
200
Place
ウラヤマクラシテル
〒071-8171
北海道旭川市東山2857-46
TEL 050-1351-3978
※火曜日・水曜日・木曜日は定休日
WEB
ウラヤマクラシテル

IMG_4964
IMG_4962
IMG_4957