工藤和彦が15年の歳月をかけた
ウラヤマクラシテルOPEN
2017年6月17日(土)〜

「ウラヤマクラシテル」6/17(土)オープンのお知らせ

陶芸家として北海道の大地から粘土を掘り出し、うつわを作り続けて20年の歳月が経ちました。

北海道の自然と向き合ってモノを作り続けられる仕事と出会えたことに、私は日々感謝しています。旭川市の北部に位置する森の中に、誰からも忘れ去られたように建っていた「旧旭川温泉」に移り住んだのが2002年。

少しづつ自力で、荒れたこの土地の環境を整え、建物をリノベーションし続けてきました。

宴会場はロクロ場に、大浴場は登り窯へと変貌しています。

こうして、これまで地道に続けてきました「旧旭川温泉改造計画」が、

2017年6月17日に一つの節目を迎えました。

「旧旭川温泉」という過去の名称ではなく、「ウラヤマクラシテル」という名称として生まれ変わりました。

「ウラヤマクラシテル」とはその名の通り「裏山で暮らしてる」ということです。

「人」は「自然」を崇拝し、多くを学び、良くも悪くも掴み取ってきました。

「裏山に暮らす」というのは、そういうことが身近に体験できる環境でもあります。

北海道では、なおさらのことです。

私はこの「ウラヤマクラシテル」を自然と向き合った「人」「モノ」「ART」「文化」を紹介、発信する拠点として発展させていきたいと考えています。

私たちはもっと自然や風土というものを知る必要があるのではないかと思うからです。

現在、陶芸家工藤和彦の陶器作品を中心にした展示をしているギャラリースペースと共に、

中田竜明氏によって薪窯で焼かれた天然酵母パンの「ウラヤマベーカリー」を設置いたしました。

まだまだ整備が整いませんが、「ウラヤマクラシテル」においでいただき、

「ウラヤマ体験」を楽しんで頂けたら嬉しいです。

ウラヤマクラシテル代表・陶芸家 工藤和彦

 カッティングシート
北海道旭川市東山2857-58
営業日 水・木・金・土
営業時間 12:00〜16:00
(12月3日から4月3日まで冬季休業)
WEB

urayamakurashiteru-open

 

Washoku.Gideさんのホームページで
工藤和彦が映像と文章で紹介されています。
Kazuhiko Kudo, a pioneer potter in the northern front of Japan.

index

 

Trip outさんのホームページで
工藤和彦の紹介記事が紹介されています。
The Northest Pottery Kiln in Japan.