生まれいでよ

先日、2時間かけて採って来た石です。
いよいよこの石から新しい「何か」を作り出せないか、実験が始まります。

「この世の中に存在するもので釉薬にならないものはない」と言った人がいますが、ほとんどのものが釉薬の原料になります。石や木、草や土。鉄でもなんでもなるでしょう。もともと、地球そのものが宇宙のチリが圧縮されて高熱で溶けて出来上がったものですからね。

 僕の中での釉薬の製法の考え方は至ってシンプルで「溶けにくいもの」と「溶けやすいもの」が組み合わされて、温度の上昇によってどう「溶ける」かということです。

 一言で「溶ける」と言ってもその段階は色々あります。
「失透」~「乳濁」~「透明」温度の上昇でその溶け方も変化して行きます。

 物質の組み合わせ方と、最高温度での変化。
 釉薬の開発は無限に広がる組み合わせのパターンから、いかに宝くじを当てるかです。

 さて、まずは石を石臼で砕きます。この石は結構堅くて大変。その後、乳鉢でさらに細かく砕いてすります。どんどん刷ると粉になります。

 一か八かで当たるほど、釉薬の開発は甘くありません。分量を微量に変えながら試験を繰り返すので、テストピースを作ります。粘土を石膏に入れて形づくります。それを素焼きして保存しておけばいつでも実験が出来るので便利です。

 今回はイタヤカエデの灰を組み合わせる事にしてみました。
 ①石10 ②石9:1灰 ③石8:2灰
 というように、、、、組み合わせます。

 それに水を加えて、素焼きのテストピースに塗布します。
 還元焼成と酸化焼成、釉の濃さでも違いがあるので、あっという間にテストピースは30個になります。
 そして、窯の中に、、、

テストピースの一部。様々な変化。この中から、自分に合ったものを絞っていく。

ある程度調合を絞ったら、一気にポットミルでする。
回転するポットの中で細かくすられる。

そして出来上がったものが、、、、

こちら!!

掘った粘土と近くの砂。
拾って来た石とストーブで燃やしたイタヤカエデの灰
自宅近くの素材だけで作った「ぐい呑」と「徳利」です。

土の赤さがほんのり透けて見えて、
何となく紫かかっているようにも見える。
なかなか、いいかも。
今度はホタテの灰も入れてみようかな。
色々イメージが広がります。

北のうつわびと27 東日本大震災チャリティーに参加します

北海道で活動する陶芸家・ガラス作家27名がチャリティー展覧会を開催します。
展覧会では作品を展示即売します。収益金は日本赤十字社東日本大震災義援金となります。

とき:2011年5月26日(木)~31日(火)

午前10:00-午後7:00 
 (31日は午後4:00終了)

ところ:アートスペース201
札幌市中央区南2条西1丁目7-8山口中央ビル5F

荒関雄星(虻田郡京極町)石川久美子(函館市)上田隆之(小樽市)臼田季布(檜山郡厚沢部町)

恵波ひでお(虻田郡洞爺湖町)加地学(虻田郡留寿都村)かとうひろやす(小樽市)

工藤和彦(旭川市)くまがいマナ(夕張郡由仁町)小泉満恵(札幌市)小松美智子(札幌市)

澤丈間(恵庭市)清水しおり(石狩郡当別町)東海林志津(虻田郡ニセコ町)高橋里美(札幌市)

田村由美子(札幌市)恒枝直豆(富良野市)錦織宏(札幌市)西村和(札幌市)橋本忍(札幌市)

藤田直平(標津郡中標津町)前田育子(白老郡白老町)牧野潤(函館市)松田幸佳(札幌市)

馬渡新平(小樽市)山田雅子(札幌市)吉田明(札幌市)

(共同寄付企業) 札幌陶芸札幌陶人社

会期中の各作家の在廊予定日
(※あくまでも予定です。不在の場合もあります。)

(主催)北のうつわびと27東日本大震災チャリティー展実行委員会
(共催)アートスペース201 *会場の無償提供
(協力)NPOラポラポラ *事務局機能、企画協力

<お問合せ先> 北海道旭川市東山2857-46 
TEL:0166-57-5325
E-Mail info@kazuhiko-kudo.com

ゴールドラッシュ!金塊はどこに

3月11日に福島の第一原発が地震と津波によって、大事故となってしまった。現場職員の懸命の努力によって、幾分は落ち着いているようだが、一ヶ月たっても「安全」には、まだほど遠い状況のようだ。
 近隣の住民は避難生活となって不安な毎日を過ごしている。電気の窯を使って日常的に電力消費の多い者としては、電力会社が違っているものの心苦しく思っています。一刻も早く解決出来るように祈っている。

 ところで、陶芸家にとって「福島」というと「福島長石」をまず連想します。長石というのは釉薬を作る時にもっとも重要な原料です。だからこのような放射能の問題があって「福島長石」は大丈夫なのか?と思っている人もいるかもしれませんが、全く問題ありません。なぜなら現在流通している「福島長石」とされているものは、もともと福島で産出しているものではなくて、昔に産出していた「福島長石」の成分に近づけて輸入原料などを調合して作った合成のものなのです。

 「本物の福島長石をやる」といって年配の陶芸家から15年前にもらった事を先日、思い出しました。当時、その有り難さが若い僕には理解できずそのまま眠っています。物置を探すとありました。これがホンマモンの福島産の長石です。鉱山が閉鎖されたから40年ぐらいはたっているはずなので、今となっては貴重なものですね。

 僕も福島長石を使っていますが、それは合成されたものです。この石をしばらく眺めていたら、、、きっと、北海道にも使える長石があるんじゃないかと思い始めました。常々、出来るだけ身近な原料を使う事は陶芸において重要な事だと僕は考えています。そんな考えを、親しい陶芸材料店のオヤジさんに話してみると、それらしき物があるぞと教えてくれました。そして、さっそく一緒に石を探しに出かけてみました。

 鉱物を探す時にはやみくもに動いてはダメ。一番探しやすいのは採掘現場です。露出しているのでよく地層が見えます。それが無い時には沢沿いです。旭川から2時間車を走らせて何となく良さそうな場所を見つけました。ここら辺はその昔、金を掘っていた場所だとか、、、、、長石探しが、急遽、「金」探しに、、、、
 でも、何十トンという土石から何ミリグラムという採掘量では、今の時代はやはり携帯や家電を集めて採取した方が採算がとれるのでしょうね。
 ここもすでに閉山しています。

 ここで採取した転がっていた石です。うーん使えるのかな?こいつ。 確信はないのですが何となくデイサイトではないかと僕は思っています。仮にそうならば斜長石(カルシウムの多い長石)も含まれているので、長石といえば、長石、、、かも?
 とにかく、焼いてみないと使えるのかどうかは何とも言えません。
 これから色々実験してみます。

 これでスゴイ釉薬が出来たら、、まさに金塊を見つけたようなものですなー。(ガーハハハハ)

 こんな小さな「欲」につくづく僕は幸せを感じます。

うつわのカタチで楽しむ

 ロクロを回すと円形のものが容易に出来ます。だから湯のみ、皿、鉢など多くのものは円形です。

 しかしロクロ成形は、少し工夫をすることで、円形から形を変化させる事も出来ます。

 今日はロクロで成形したものに変化をつけてみました。まずは六角形の鉢です。
 右上の円形の鉢から六角の鉢に変化させていきます。
 粘土という素材は、水分が蒸発して固くなるまでは、その可塑性によって自在な変化を可能とします。この特性を生かして、円形に作ったものを、石膏形にかぶせて、加減しながら石膏型に押し付けて密着させて行きます。そして石膏から外せば、このように六角のうつわが出来上がり。

 この技法は昔からあって、「型打ち」というものです。たいてい高台はロクロで削るので複雑な形状に対して、高台は円形となります。複雑な形のものを効率よく沢山作る時にはとても有効な技法です。

 ロクロで円形に作ってから、形を変形させる方法にはいろいろあります。右のものは、円形のものを竹べらで内側に曲げて変形させたものです。
 この形は「木瓜形(もっこうがた)」というものです。

 「木瓜」(ぼけ)は梅の花に似た4弁花なので、この形にちなんで名付けられたようですよ。

 ちなみに「六角」というものも「亀甲」などを表している事も連想されますね。

 いろいろな形状から、うつわを楽しむ世界も広がっているんですなー。
 シミジミ奥が深い。

アール・ブリュット=裸の自分

(2011年4月12日 記事)

 僕は、アール・ブリュットに対して20年前からとても興味を持っていまして、アール・ブリュットの普及と研究を目的としたNPOラポラポラを平成18年に旭川に設立しました。ここら辺の経緯に関しては、またボチボチと記事をブログに投稿していきます。

 「アール・ブリュット」とは、フランス語で日本語に直訳すると「加工されていない芸術とか、生の芸術」となります。これを提唱したのはフランス人画家のジャン・デビュッフェです。英語圏では「アウトサイダー・アート」と言われてもいます。
 作家として美術的な教育のされていない、精神病患者や知的な障害のある人、重労働者、囚人など、芸術界から遠い存在である人達による沸き上がる衝動のままにつくられたモノを「アール・ブリュット」とし、デビュッフェは彼らこそが「真のアーティストだ」と賞賛しました。ここら辺にしても長くなるので、またボチボチと、、、

 「アール・ブリュット」を理解する上で、一番大切なのは直に作品を見る事だと思います。今、その絶好の機会があります。日本のアール・ブリュットの作品群が今、埼玉県立美術館で展示されています。是非、近くの方はこれを見て頂きたい。

埼玉県立美術館のアールブリュットジャポネ展

下記の文章は2011年4月12日号 あさひかわ新聞へ寄稿したものです。

「アール・ブリュット=裸の自分」 
 2010 年に日本から63人のアール・ブリュット作家が参加して開催され好評を博した「アール・ブリュット・ジャポネ展」(パリ=アル・サン・ピエール美術館)が、日本国内の美術館を巡回しています。現在は埼玉県立近代美術館において、4月9日~5月15日まで開催中です。この展覧会には北海道から大梶公子、平瀬敏裕、西本政敏、畑中亜未が出展しています。その後も巡回が続きますが、残念ながら北海道での開催の予定はまだありません。

 自由な発想と創るよろこびに充ちたアール・ブリュットの作品群は、人間の純粋で普遍的な創造性を表現していて、きっと東日本大震災によって精神的にもダメージを受けている人々の心に何らかの活力を見いだしてくれるだろうと、私は期待しています。無論、アール・ブリュットの作家達は誰に対してではなく、自分のためだけに制作を行っています。誰かを元気づけさせようなどと考えて創作している作家はいません。作家の中には画材が揃っている恵まれたアトリエで創作している人もいますが、生活の中にごく普通にあるもので自身の表現を生み出している作家が大半です。廃棄されたダンボールに鉛筆や赤鉛筆で結婚式の絵を描き続けた小幡正雄。通勤中に道端のゴミを集めてテープで組み合わせて造形物にしている八島孝一。アール・ブリュットの代表的な作家のアロイーズにしてもゴミ箱から、雑誌や包装紙を拾い集めて描いていました。彼らは複雑な人間社会を避けて限られた人間関係と空間に安住し、自分の内面世界に活路を見出しています。その世界は独自な哲学、思想によって成り立っていて誰も侵入する事は出来ません。ですからアール・ブリュットを鑑賞しても、誰も作家の奥深い世界には到達できないのです。「自分は自分でいい」「理解されようなんて思ってないぜ」という何とも言いようのない反骨精神を作品から感じます。それは一方で理解したいという衝動もくすぐります。私はアール・ブリュットの作品を通して、実は自分との対話をしているのだと気付かされます。「裸の自分を理解したい自分」。それは、何かが覚醒されていく始まりかもしれません。

NPOラポラポラ理事代表 工藤和彦