新たなる挑戦!森の緑「緑粉引」

 僕は子どもの頃から森が大好きでした。週末にはよく森の中でキャンプした経験が多かったからだと思います。

 テント、寝袋、食料、炊事道具、着替えなど、必要最低限の荷物を背負って自宅から離れた森に行き、地形や風景で気に入った所で自分の気ままに居住スペースを自分の手で作ってゆく。スコップで穴を掘ってトイレも作ったりして。

 この当時の愛読書は太平洋戦争終戦後もそれを知らずに28年間、グアム島でサバイバル生活を続けることとなってしまった横井庄一さんの「横井庄一のサバイバル極意書・もっと困れ!」(1984年)と本多勝一さんの「ニューギニア高地人」(1964年)などでした。きっと、森の中で自然と対峙し、たくましくも、ゆったりとした暮らしへの憧れみたいなものを抱いていたのだと思います。

 しばらく森の中で生活するのは自分を見つめるいい機会です。夜の暗闇の中では自然の畏怖を感じ、夜明けをもたらす朝日への感謝。そういう気持ちが素直に出てくるものです。

 だからか分かりませんが、大人になったら自然の中で暮らしたいと思っていました。そんな憧れもあって、神奈川から信楽、そして北海道にやって来たのかもしれません。現在、我が家は森の中にあって写真は2階の窓からの風景です。うっそうとした緑の森が広がります。こういう環境で創作活動を出来るということは、厳しいこともありますが理想的だと感謝しています。

 森の「緑」をうつわで表現してみたい。その想いは年々強くなるばかりです。しかし、陶芸での「緑」の表現はなかなか上手くいかないものです。

 日本陶芸史の中で「緑」において代表的なものに「織部釉」があります。10年前からこの「織部釉」に、しばしばチャレンジしました。「織部釉」というものは釉薬の中の銅を反応させて緑色に発色させるものです。しかし鉄分の多い粘土を使っている僕の場合は濃い緑になってしまいます。なかなか思いどうりの鮮やかな緑にはなりません。そこで、下地を白い泥で覆ってから「織部釉」を施してみました。すると、今度は鮮やかではあるのですが深みが無い、、、もう少し調合を変えてみると今度は真っ黒。結局。粘土を変えて作るしか無いかと思って鉄分の少ない美濃の土を購入したりして作ったこともありますが、これは自分の目指す仕事ではないと思い直し、しばらく手をつけていませんでした。

 シラカバの灰から「シラカバホワイト」が誕生した時、ひらめきました。釉に銅を添加するのではなくて、下地の泥を緑にしたらどうなるのか?

 早速、試してみると可能性の一部が見えてきました。逆転の発想。下地にシラカバの透き通る灰釉を反応させることで、透明感のある「緑」となったのです。
 さらに試行錯誤を重ね、自分なりの「森の緑」を作り上げました。

 奥にあるのは黄粉引で、手前のものは「緑粉引」です。まだまだ完成度を上げるために手を入れる余地はありますが、僕の「緑」のイメージにとても近いものになりました。
 どうぞお手に取ってご覧下さい。

 僕は緑のうつわで「柿」を盛りつけるのが大好きです。秋になるのが楽しみ。

カテゴリー: Blog

シラカバに祈りを込めて

 シラカバホワイトを進化させて、淡い刷毛目と御本手と言われる窯変(焼成の仕方によって窯の中で変化されるもの) を組み合わせてみました。

 すると、シラカバの樹皮のような色調を持ったものが、なんと焼き上がったではありませんか。シラカバの灰でなければ、このような雰囲気は醸すことが出来ません。
 これには僕もビックリしました。陶芸はこういう発見があるから面白いものです。

 稲藁を束ねて白い泥を塗り付ける「刷毛目」と言われる技法で出来ているので、下の写真のものは通常「刷毛目八寸楕円鉢」となるのですが、これを僕はシラカバへの感謝を込めて「シラカバ」と名付け、「シラカバ 八寸楕円鉢」にしたいと思います。

 灰色と白色のコントラスト、ほのかな赤さの組み合わせが、シラカバの持つ生命感、エネルギーを伝えます。シラカバのエネルギーがうつわ全体に広がりました。

 とっても嬉しくて、調子に乗ってこんなものも作ってみました。

 「シラカバ注器」と「シラカバぐい呑」
 「まさしく!」と言いたくなるほどシラカバです。
 シラカバの幹から伸びた枝の注器と丸太をあしらったぐい呑です。

 焼酎や日本酒もいいですけど、シラカバ繋がりで、穀物を原材料として蒸留後、シラカバの炭で濾過して作る。ウォッカなんかもグッといきたいものですね。

「シラカバホワイト」の誕生!

我が家の周囲にはシラカバがいっぱいあります。「♪シラカバ~青空~みな~み~風」(北国の春)と唄われるように、北海道ではとってもポピュラーな樹木のひとつです。
 アイヌ語では「レタッタッニ」と言われ、「白い樺皮のとれる木」という意味だそうです。このシラカバ特有の白い樹皮は、実はとても油分が多くて燃え易く、ストーブの点火や炭起こしでとっても活躍します。

 近くの小学校では校庭にシラカバが並んで生えていました。何とも北海道らしい風景を醸していましたが。このシラカバの根はとても浅く、また植え付けてから50年以上が経ち、幹の中が腐り、空洞となってしまっており、大風で倒れる危険があることから、伐採することとなりました。

 小学校に子どもを通わしている。お父さん、お母さんの人力によって、20本ものシラカバの大木を切り倒しました。農家の多いこの地域のパワフルさを感じます。

 その切り倒したシラカバを貰い受けました。これは冬場のストーブの薪としてです。

 これが伐採したシラカバの山です。チェーンソーで30センチの長さに切って、斧で割ります。それを乾燥させてからストーブで冬に燃やします。薪の炎はあたたかく、そして、炎の揺らぎは美しいものです。厳しい冬の楽しみのひとつです。

 木を燃やすと当然、灰がでます。この灰は陶芸の釉薬に使うことが出来ます。そのため、我が家ではストーブを燃やす時には使用する樹木を1種類に限定しています。それによって純度の高い灰が取れるのです。無論、焚き付けに新聞紙なども使いません。昨年の冬はこのシラカバを燃やし続けましたので、シラカバ灰が採れました。冬中燃やしても(シラカバ約2トン)灰は30キロぐらいしかなりません。それだけに貴重なものです。

 灰はまず、桶に入れて水を加えて撹拌します。沈殿すると、燃えカスなどが浮かんでくるので丁寧にそれを取り除きます。2日ほど経つと灰と水が分離して水が茶色くなるので、これを取り除きます。これは、樹木の灰汁です。また、水を加えて撹拌し、灰汁を抜きます。これを3回ほど繰り返します。

 灰は水分を多く含んでいるので、麻袋に入れて絞って水分を抜き、さらに天日で乾かします。そうして出来上がったものがこの灰です。
 灰と長石を混ぜて、まずは粉引に使ってみます。

 白はとても微妙な色です。白と言っても色々な白さがあります。自分らしい白さとは何か。この問題に10年近く悩んでいました。これは黄粉引の黄色にこだわれば、こだわるほど「白」においても追求したかったのです。

 こうした白へのこだわりは、キルト作家の秦泉寺由子さんとの出会いで、より強くなりました。彼女は自分らしい白を追い求めてバリで青竹を使って白布を白に染めるという未だかつて誰もしたことの無いことを成し遂げました。日本人にとって、白は特別な色なのです。

 自分らしい白。
 風土に根ざした白。
 北海道らしい白。
 そのイメージは、、、
 サラサラのパウダースノー。
 シラカバ。
 大空に浮かぶ雲、、、

 その願いが通じたのか、焼き上がったものは従来の白い粉引のものとは違い、スッキリと白く、まるで淡雪のような雰囲気の白さになりました。白すぎず温かみがありながら、凛とした存在感のある白。そんな印象を受けます。

 名付けて「シラカバホワイト」。自分らしい「白」その答えがひとつ出てきました。「シラカバの白の息吹を込めた白」結局、自然の恩恵に助けられながら僕の創作活動は成り立っているのだなとつくづく感じ入ります。

 是非、お手に取ってご覧下さい。