初めてのお客様(フランス/リヨン)

会場には多くの陶器好きの人達で、にぎわい始めました。

歩きながら展示台に並べた僕のうつわを見つめる方もチラホラ。
だいたい陶器好きは、まずお目当ての陶芸家の元に行くか、
とりあえず一周回って、購入しようと思うものに目星を付けるもので、
なかなか、すぐには売れないものなのだと経験から分かっていますが、、、
何とも見つめられるだけでドキドキする。
はたして、僕のものを買ってくれる人はいるのだろうか。
こんな緊張感は久しぶり。

足を止めてじっくり吟味している方が何人か現れる。
そして、、ついに!うつわを持ち上げてこれを欲しいという動作を確認。
おお!開始早々、海外初のお客様!

記念に撮影させて頂きました。
この方を僕は忘れる事はないでしょう。
嬉しかった~。ありがとうございます。

そして、その後間もなく、またまた嬉しい事がありました。
このイベントに出展している陶芸家の方が、
突然「コンニチワ」と日本語で声をかけてくれたのです。

その方はパスカルさんというフランス人で、フランスのナントで志野焼をされている陶芸家でした。
パスカルさんは日本の焼き物が大好きで、何回も来日しているそうです。
当然、日本の陶器のことを熟知されていました。
特に桃山時代の志野焼を再現した荒川豊蔵先生を尊敬しているようです。

パスカルさんは、日本から陶芸家がこのイベントに出展するという事を知って、興味を持っていたようです。
そして、僕のうつわをじっくり吟味し始めました。陶芸家ほど、陶芸に詳しい人はいません。パスカルさんはどういうふうに僕のうつわを見るのかと、こちらも逆に興味があります。

すると、パスカルさんが「気に入った」と言いだして、いくつも買って下さいました。
陶芸家に購入してもらうほど、確かな手応えはありません。

このパスカルさんは、とっても気さくな方で「陶芸家は全世界ブラザーなんだ」と言って、ご自分の陶芸家仲間達に僕を連れ回して紹介してくれました。そして、早速、購入したうつわを披露し始めました。
長く陶芸をしていると、作品を見れば、その人の技量と人柄が何となく分かるもので、そういう点では僕のうつわは陶芸家仲間に紹介出来る合格点はとれていたのかもしれません。

そして、みんなでワインで乾杯!思いもかけない展開。

言葉が通じなくても、同じ志で通じている。
今まで陶芸をしていて良かったと思った瞬間でした。

Tupiniers du vieux Lyon 2013 始まる

作品が届き、ようやく展示に向けて急ピッチで準備にとりかかりました。

このイベントは教会前の広場での展示なので、テーブルやテントなどは各自が用意して搬入しなければなりません。
前夜から当日の朝にかけて一気に設営です。

前夜、機材を持って会場に行くと、ヨーロッパ各地から続々とやってきた陶芸家達が溢れていました。
見るからに「陶芸してる」という臭いがムンムンしていて。日本と一緒だな~と思いました。
早速、自分の展示スペースの周囲の陶芸家さん達にご挨拶。

共に陶芸を志しているというだけで、言葉が通じなくても不思議と心が通うものです。
皆さん、たいへん好意的に迎えてくれました。

思えばこのような陶器市は久々です。僕は25歳から32歳までの7年間は北海道内を始め、栃木県の益子までも陶器市に行っていました。陶器市は販売の目的もありますが、一度に多くの陶芸家達と自分を見比べる中で、自分の力量や独自性を判断したり、自分の作品がどのように人々に受け入れられるかを直に感じられる絶好の機会です。

海外で自分の作品がどのように受け入れられるのか。これを判断するのに陶器市ほど確かなものはないでしょう。

朝6時からの展示設営。ワクワク、ドキドキしながら、ようやく作品を展示台に並べたところで、サン・ジャン大聖堂の鐘が鳴り響きました。

9月7日 9:00  Tupiniers du vieux Lyon 2013 の始まりです。

リヨンへ 羽田ードバイーリヨン

 リヨンはさすがに遠かった。9月2日に羽田国際空港を深夜に出発して、飛行時間10時間30分で、まずはドバイ。リヨン行きの飛行機を7時間も待たなくてはならず、ひとまずドバイを散策。

直前まで東京での個展で連日在廊していたこともあって、北海道暮らしの僕は東京の暑さに、うんざりしていました。きっと砂漠の中にあるドバイの街はさぞかし猛烈に暑いのだろうと心配していましたが、なんとドバイでは鉄道や歩行空間が中央部まで届いていて、大きなパイプの中を移動している限りは、外気にさらされる事なく、快適に空港から市街地まで観光が出来るのです。宇宙都市があったらこんな感じかもしれません。

しかし、ずっとパイプの中なので、やっぱり外を歩いてみたいな、、、、と思って一旦パイプから出てみたが、やっぱり暑い!
それでもジリジリした日差しに耐えながらも、世界一の高層ビルの「ブルジュ・ハリファ」(828m)をなんとか撮影。

そのまま冷房の効いたパイプの中を進んで行くと、巨大シティーモールに到着。
ホットドックを食べて、ブラブラ散策をする。

とにかくドバイのシティーモールは巨大すぎて、きっと全部見ようと思ったら1週間はかかりそうだ。旭川のイオンの30倍くらいはありそう。歩き疲れ、迷子になる前に早々に大きなパイプを通って空港に戻る。

7時間では当然ドバイの魅力も分からず、、、、とにかくドバイのインフラ整備の凄さにビックリ。
今度は暑さを克服して、砂漠でラクダに乗ったり、海で泳いでみたいものです。

ドバイからリヨンまでは7時間25分の飛行機の旅。
今回はエミレーツ航空を利用しましたが、とっても快適な空の旅でした。

そして、ようやくフランスリヨンに到着!
古い町並みが心地よく。気候も北海道に似ていて爽やか。
ドバイとは対照的です。

Tupiniers du Vieux Liyon 2013

 フランスのリヨンで2013年9月7日、8日の2日間で開催された「Tupiniers du Vieux Liyon 2013」に参加してきました。

「Tupiniers du Vieux Liyon 』とはリヨンのサン・ジャン大聖堂前の石畳の広場で年に一度、開催されるセラミックフェスティバルで、ヨーロッパの各地で創作活動をしている陶芸家140名が作品を展示販売する大イベントです。

 実は数年前から、リヨンに住んでいるフランス人の友人が、地元で開催されるこのイベントに参加してみないかと誘ってくれていました。後から知ることになりましたが、このイベントには、ヨーロッパ中の陶芸家達が参加したいものだそうで、陶芸を職業としている証明や作品の審査、その後抽選となっていて、出たくてもなかなか出られないものだそうです。

 もちろん事務手続きなどは当然フランス語となっています。僕はフランス語をまったくできないので、主催者とのやり取りの一切を友人がしてくれました。長期間に及ぶその労力、忍耐には感謝です。今回は幸運にも参加出来ることになりました。

 これまで海外に行く時に、友人へのお土産として自作のうつわを持って行くことはありましたが、今回は作品を販売する事となりました。
 自分の作品がどのようにヨーロッパの人たちに受け入れられるのか?られないのか?
 そのご報告を数回に渡ってお届けします。
(つづく)

北の住まい設計社 工藤和彦作品展 (北海道/東川町)

期間:2013年9月27日(金)~10月14日(月)

場所:北の住まい設計社 東川ショールーム
    北海道上川郡東川町東7号北7線
    TEL 0166-82-4556 
    10:00~18:00 水曜定休 

北の住まい設計社は旭川の市街地から車で40分、旭川空港から20分ほどかかる山間にあります。
自然豊かな環境で、家具を制作をされています。
家具の展示の他に北欧などのデザイン雑貨やカフェスペース、パン屋さんなどがあって、現在では連日遠方からも人々が訪ねてくる名所となっています。
北の住まい設計社の家具は素材に対する誠実さがあると思います。
素材のもつ美しさや特製を活かす技術やデザイン。
東川の北の住まいショールームに入ると数多くの家具、インテリア小物が並び「自然と共に暮らす」という率直な提案を感じます。
今展では、「日本の手仕事」という枠組みのなかで、工藤和彦の作品展を開催して頂きます。
世界に類がない自然豊かな環境は日本の手仕事を育んできました。
それだけに日本の手仕事は他国に比べ自然に対しての敬いの心が強くあります。
陶器、竹細工、和紙など、風土に根ざしてモノを作る人達の仕事を是非ご覧下さい。
9月27日、28日、29日 10月5日、6日 は工藤が会場におります。

北の住まい設計社 東川ショールーム

北海道上川郡東川町東7号北7線 TEL 0166-82-4556 
10:00~18:00 水曜定休