工藤和彦 作陶展 器とその周辺 山椒(弟子屈)

期間:2016年10月29日(土)~11月6日(日)
場所:うつわとその周辺 山椒
   〒088-3203     川上郡弟子屈町湯の島3・3・25
   TEL 015-482-2666
   営業時間 10:30~16:30

北海道東部の摩周湖、屈斜路湖の近くにあるギャラリー「山椒」での個展です。
今回は、日常使いのうつわの他に、薪の窯で焼成した茶碗や花器も展示販売いたします。
寒くなっていく季節の中で、温かいうどんは格別です。
深みのある鉢は、うどんの他に煮物を盛ったり、どんぶりとしても使え、冬を迎える季節の代表格のうつわです。今回の展覧会では鉢に力を注ぎたいと考えています。

11月3日には会場に工藤がおります。   うつわとその周辺 山椒
〒088-3203
川上郡弟子屈町湯の島3・3・25
TEL 015-482-2666
営業時間 10:30~16:30

ニューヨーク5人展 Sara Japanese Pottery

期間:9月15日(木)~9月17日(土)
場所:Sara Japanese Pottery
   950 Lexington Avenue, New York, NY 10021
   tel (212) 772-3243
   Open: Monday – Friday 10am-7pm
       Saturday 12pm-6pm

暮らしのうつわ花田の企画展がニューヨークで開催されます。

場所はマンハッタンで20年にも及ぶ、うつわの専門店「Sara Japanese Pottery」です。

出展作家は工藤和彦、村田森さん 、岸野寛さん、余宮隆さん、雪ノ浦裕一さんの5人です。

5人の作家のうち、工藤和彦のみニューヨークの会場に期間中在廊いたします。

薪窯で焼成した大皿や酒器、茶碗の他に、定番中の定番の黄粉引片口鉢などを展示販売いたします。

工藤はアメリカ本土にはまだ行ったことがありません。

アメリカのお客様がどのように私のうつわを評価してくださるのか楽しみです。

先だって、海外の方達に向けて分かり易いように工藤和彦の制作風景を動画にて撮影して頂きました。

YOUTUBEでどなたでもご覧頂けます。

新しいチャレンジが始まろうとしています。

Sara Japanese Pottery 950 Lexington Avenue, New York, NY 10021 tel (212) 772-3243 Open: Monday – Friday 10am-7pm Saturday 12pm-6pm

WEB Sara Japanese Pottery