「アール・ブリュット」とは何かを考えてみる(1)

(2013年2月12日 記事)

「心」というものは、優秀な外科医や脳科学者、精神科医であっても見ることが出来ない。存在する「形」がないからだ。しかし、私たちは社会生活を営む上で、この実体のない「心」というものを他者と少なからず通わさなければならない。一般的には、社会通念や生活体験を他者と共有し、共感を繰り返すことで、常識的な「心」の有り様を自分の中に築き、相手の「心」を推察できるようになっていく。

 しかし、なかなか上手くいかないのが世の常だ。時には全く「心」が通わないと感じる人もいる。それは共有できる情報量が著しく少ないからでもある。生きて来た過程が、自分のものや一般社会に多くあるものと異なっている場合は、特にその隔たりは大きい。社会生活に興味がない、または孤立して過ごしている人達の「心」の有り様を推察するのは容易ではない。

 先に述べたように、「心」というものは形が無い。入れ物もない。「小心者」と言うように小さくもなるし、「寛大な心」というように大きくもなる。そして、傷つき易くもあるし、強靭でもある。自分のリアルな「心」の有り様を表現することは自分でも難しい。子どもの頃には明確だったかもしれないが、年齢や社会経験を重ねると、世間に理解されずに孤立してしまうのではないかという恐れもあって、次第に抑制してしまい、自分がどんな「心」を持っているかを問われてもあやふやとなる。

 世界にいるのが自分ただ一人で、他者を意識することなく、また理性に抑制される必要もないと考えたら、「心」は一〇〇%開放できるのかもしれない。

 アール・ブリュットは作者が一般社会の常識的な「心」の有り様から逸脱、孤立していることによって自分の「心」の世界を色濃く昇華させた成果でもあるのだ。

 フランスの画家、ジャン・デュビュッフェが提唱した「アール・ブリュット」を私はこのように解釈している。
 「アール・ブリュットとは、経験や記憶によって培われた個人的な哲学思想が反映されて生み出されたもので、着眼点、発想そのものが作者に起因しており、他に類が見当たらない希な表現である」
 (ここでいう「経験や記憶によって培われた個人的な哲学思想」というのは「心」というものを私なりに具体的に考えたもの)

 このような解釈を踏まえた上でアール・ブリュットを見ることにより、作家の世界観がより浮き上がって見ることができる。

(つづく)

Aloise「Le Bateau poules」「めんどり船」
紙、油性チョーク 84×59,5 cm (制作1960~~1963頃)
アール・ブリュットの代表的な作家、アロイーズ・コルバスの作品。
46年間、社会から隔絶された環境で、自分だけの世界を「心」の中に描き出し、その世界の創造主として自分を昇華させ、画面にも登場させている。

(あさひかわ新聞 2013年2月11日号 工藤和彦「アール・ブリュットな日々より」)

子と親と芸術

(2013年1月15日 記事)

 年末の片付けで、思い出深いものが出てきた。芸術家佐々木卓也さん(1975~)が描いた我が家族の肖像だ。
 作品には制作年の記載がないが、長女が描かれてないことや、着ている服の感じから中央の長男が1歳の夏に描かれていることが推察できる。その長男はいま14歳だから1999年8月の作と思われる。
 この絵を佐々木さんは、目の前であっという間に描いてくれた。作品からは僕たち家族の当時の雰囲気が生々しく伝わって来る。

『佐々木卓也作「工藤家の肖像」1999年 紙、鉛筆、色鉛筆 297×210(mm)』

 佐々木 さんは小さい頃から、見たものを圧倒的なスピードで表現できる才能を持っており、呼吸するかのように作品を作り続け、その制作量は夥しい。特に粘土による造形力は圧巻で、大量の粘土の塊から動物や人物像などを瞬く間に形作ってしまう。一度見たものは記憶として残り続けるので、いつでもどこでも、鮮明な記憶の中から引き出して制作出来てしまうようだ。
 1995年に全日本アマチュア陶芸コンテストで入賞、その翌年には若手陶芸家の憧れのINAXギャラリー(東京)で初個展を開催。池田満寿夫さんや現代陶芸で知られている西村陽平さんなどに、早くからその才能を注目されている。近年では2010年に栃木県立美術館での「イノセンス」展に草間彌生さん等と共に作品を紹介された。

 佐々木さんとは15年にも及ぶ付き合いだが、深くお話ししたことがない。彼は会話が極端に苦手なので、対外的なサポートはお母様がしている。生活を共にしているだけに、作品がいつ、何処での記憶から成り立っているのかなど細かく把握していて、作品の背景を知ることが出来る。佐々木さんにとっては、最大の理解者であり、支援者だ。
 しかし、一般的に親が支援者となることは難しい。それは、親子の関係では影響力があまりにも強く、才能を妨げることもあるからだ。その事を理解した上で親が支援者となるには忍耐と根気が必要となるだろう。その辺りをお母様にそれとなく聞いてみると、「頑固なので私の言うことを聞かないのよ」と言って笑っておられた。
 他者からの影響を受けないという点で、佐々木卓也さんはアール・ブリュットに近い存在とも言えるようだ。近年、「頑固」を貫くのは大変難しい。社会との折り合いから何事も「許容」してしまう。しかし佐々木さんは「頑固」というスタンスで、作品の独創性を高めるととともに、その制作スタイルから多くのファンや協力者を得ている。無論、それは母親のサポートがあってのことだ。
 見つけた肖像を見て、自分は父親として我が子たちの「頑固」を何処まで延ばすことが出来るものか、それを問われている気がした。

(あさひかわ新聞 工藤和彦の「アールブリュットな日々」より 2013年1月15日掲載)