東日本大震災の傷跡

 3年前の3月11日に発生した東日本大震災によって、想像を遥かに超える被害が東北にもたらされました。
その惨状は凄まじく、3年経った今でも大きな傷跡を残したままです。
僕は東日本大震災を直に経験をしていませんが、仙台に来る度に思い知らされます。

しばしば個展に来てくださる方が当時の事をお話しくださいます。
「大事にしていたうつわが全部割れてしまったの、、、」と肩を落とされます。
長年、大切に愛用していたものを失う事は非常につらい事を察します。
言葉のかけようもありません。

ただ、うつわへの想いは消える事がないようで、一つ一つ丁寧にご覧になってくださいます。
「うつわを見ているだけで心が休まるのよ」とポツリと言われた方がいました。
「うつわ」の力は凄いものだと、気がつかされます。
そうした「うつわ」の生まれる手助けを仕事としていることを嬉しく思いました。

震災後に仙台市内で開催された「わののわ」というイベントに参加した時に、知り合いになった石巻の陶芸家山本雅子さんを昨年、訪ねました。そして、山本さんに石巻をご案内頂きました。

目に映る石巻の光景、その惨状には言葉を失いました。
新聞やテレビ、インターネットで見てはいましたが、実際にその場に立って五感で感じるものとは遥かに違います。
2年経って、当時からするとだいぶ片付けられているようですが、まだまだその傷跡は至る所に残っていました。

日和山公園から海沿いの石巻を見渡すと、ほとんどの建物が津波の被害で壊されたことが分かります。

石巻市立門脇小学校。日和山公園の下に位置していて津波の衝撃をもろに受けた建造物です。
「多くの車がこの建物にぶつかって、燃料に引火しての火災がひどかった」と山本さんは言っておられました。
海抜の高さによって、被害の度合いが克明です。
川沿いでは一階部分がすっぽりなくなっている建物を多く見かけました。

東日本大震災を今一度思い起こすためにも、是非一度は被災地を訪ねられることをお勧めしたいと思います。

亡くなられた方には心よりご冥福をお祈り申し上げます。
震災によって不自由な暮らしとなってしまっている方々には、一刻も早く生活が改善されるように願います。

3年目、これから春を迎える東北で工藤和彦の個展を再び開催してくださった関係者の皆様に深く感謝申し上げます。
今後とも陶芸に精進し、たくさんのうつわをご披露できたらと思っています。

石井ちゃんとゆく!

uhb「石井ちゃんとゆく!スペシャル ニッポン列島 UDでGO!」ご案内

これまで、UHB「石井ちゃんとゆく!」には、アール・ブリュット関連で何度も登場させて頂きました。
この番組は「みんなが楽しめるにはどうしたらいいのかな?」というように、障害の有無に関係ない豊かな社会生活への第一歩への問いかけを、地道に!楽しく!取り組んでいる僕の大好きな番組です。
いつもは、5分程度の番組ですが、このたび45分の特別番組を放送するそうです。
是非ご覧下さい。

<番組紹介>
uhb「石井ちゃんとゆく!」では、これまでの集大成ともいうべき上記特別番組を放送致します。
 2001年の放送開始以来、一貫して、UD=ユニバーサルデザイン※をテーマにお伝えしてきましたが、それすべて、日本における 待った無しの「急激な社会の高齢化」ゆえ。
 言い換えれば、これまでは、「病気や障害がない」という前提で国や街、社会は作られてきましたが、これからは、「病気や障害があっても大丈夫!」という発想に転換する必要があるのです。では、それはどのように実現したら良いのでしょう?そのヒントをお伝えします!

放送日時:3月30日(土)午前10時25分~11時10分(拡大45分)
チャンネル:uhb デジタル8ch

※UD:年齢、性別、障害の有無、国籍・言語の違いなどに関わらず多くの人が使えるよう考えてモノ作りをする発想
ぜひぜひ、ご高覧下さいますよう、ご案内申し上げます 

カテゴリー: Blog

冬は粘土づくり

 冬は当然ストーブを燃やします。ここ旭川では外気がマイナス25度くらいまで下がるので、暖房がないと、水分は凍ります。陶芸では凍害は致命的です。そのため温度管理は大切な仕事です。
夜間はオイルヒーターで一定に保ち。朝は1時間ほど灯油ストーブで急速に暖め、その間、薪ストーブを点火して日中は薪をくべて暖房とします。
温度のコントロールは断熱さえしていれば、容易なのですが、湿度の管理はなかなか難しい。特に冬場は乾燥が著しく、急速に作った作品が乾燥して行くと、歪んだり、縁から亀裂が入ります。
昔ながらの窯元などに作業場を土間にしているのは、自然の湿度を上手く利用したものなのです。
これにヒントを得て、この冬場は作業場で秋に掘った粘土を乾燥させる事にしました。

乾かした粘土は水に浸して泥状にして、石膏鉢に入れて水分量を調整して練ります。
僕が掘っている粘土は、風に乗って飛んできて堆積した粘土なので、自然現象で粘土粒子は揃っており、フルイにかけて不純物を取り除く必要もありません。
湿度調整も出来るし、粘土はどんどん作れるし仕事もはかどります。
色々考えながら日々、仕事に取り組むのは楽しいことです。

ひとつ気がついた事があります。掘って来た粘土をカチコチに凍らせてから、溶かすと自然と結合がバラバラになります。堅い粘土の塊をハンマーで砕く必要もなくなるので、結果的に作業効率がグンと上がりました。
旭川の寒さも強い味方になる事もあるものです。
今まで寒くて辛かった旭川の冬が、楽しいものになりつつあります。

カテゴリー: Blog

雪降る前の粘土堀り

 北海道もそろそろ冬本番の様相になって来た。
雪が積もってしまうと大変なのが粘土堀り。マイナス20度の中で粘土を掘った経験もあるが、それは過酷としか言いようのない体験で、、、、もうやりたくない。
ということで、雪が降る前に慌てて粘土を掘りに出かけた。

 今年3回目となる今回。前回に掘った所から30センチ離して掘り始める。ほとんど粘土の質は同じになる。この15年ぐらい20メートル四方ぐらいの所で掘っているので変化はない。自分で掘るということは一見重労働で大変だが、長年に渡り同じ土地の状況を知る上では重要なことだと僕は思っている。
機械で掘るのは楽なようだが、一度に大量に粘土を入手してしまうと、年に3回もこの土地を訪れることはなくなるだろう。土地と自分との関係性が作品に繋がって行くと僕は信じている。

 この土地は地表から粘土になっているが、草が生えているので50センチ掘ってから粘土を採りはじめる。
 どんどん掘り進めるといい感じの粘土が出て来る出て来る。スコップひと堀りごとに、うつわの形を考えたりすると、楽しい作業となる。
どんどん掘って160センチぐらいになった。

寒風が吹いても穴の中は大丈夫。掘った穴の中から見る空はなかなか良いもんです。

2日間で軽トラック3台分の粘土を確保。何とか雪とけまで持ちこたえるだろう。

夕暮れが迫って来たので粘土堀りは終了。今年はこれで最後。
掘った粘土を無駄にすることなく、いい作品を作らなくては、、、、

カテゴリー: Blog

新たなる挑戦!森の緑「緑粉引」

 僕は子どもの頃から森が大好きでした。週末にはよく森の中でキャンプした経験が多かったからだと思います。

 テント、寝袋、食料、炊事道具、着替えなど、必要最低限の荷物を背負って自宅から離れた森に行き、地形や風景で気に入った所で自分の気ままに居住スペースを自分の手で作ってゆく。スコップで穴を掘ってトイレも作ったりして。

 この当時の愛読書は太平洋戦争終戦後もそれを知らずに28年間、グアム島でサバイバル生活を続けることとなってしまった横井庄一さんの「横井庄一のサバイバル極意書・もっと困れ!」(1984年)と本多勝一さんの「ニューギニア高地人」(1964年)などでした。きっと、森の中で自然と対峙し、たくましくも、ゆったりとした暮らしへの憧れみたいなものを抱いていたのだと思います。

 しばらく森の中で生活するのは自分を見つめるいい機会です。夜の暗闇の中では自然の畏怖を感じ、夜明けをもたらす朝日への感謝。そういう気持ちが素直に出てくるものです。

 だからか分かりませんが、大人になったら自然の中で暮らしたいと思っていました。そんな憧れもあって、神奈川から信楽、そして北海道にやって来たのかもしれません。現在、我が家は森の中にあって写真は2階の窓からの風景です。うっそうとした緑の森が広がります。こういう環境で創作活動を出来るということは、厳しいこともありますが理想的だと感謝しています。

 森の「緑」をうつわで表現してみたい。その想いは年々強くなるばかりです。しかし、陶芸での「緑」の表現はなかなか上手くいかないものです。

 日本陶芸史の中で「緑」において代表的なものに「織部釉」があります。10年前からこの「織部釉」に、しばしばチャレンジしました。「織部釉」というものは釉薬の中の銅を反応させて緑色に発色させるものです。しかし鉄分の多い粘土を使っている僕の場合は濃い緑になってしまいます。なかなか思いどうりの鮮やかな緑にはなりません。そこで、下地を白い泥で覆ってから「織部釉」を施してみました。すると、今度は鮮やかではあるのですが深みが無い、、、もう少し調合を変えてみると今度は真っ黒。結局。粘土を変えて作るしか無いかと思って鉄分の少ない美濃の土を購入したりして作ったこともありますが、これは自分の目指す仕事ではないと思い直し、しばらく手をつけていませんでした。

 シラカバの灰から「シラカバホワイト」が誕生した時、ひらめきました。釉に銅を添加するのではなくて、下地の泥を緑にしたらどうなるのか?

 早速、試してみると可能性の一部が見えてきました。逆転の発想。下地にシラカバの透き通る灰釉を反応させることで、透明感のある「緑」となったのです。
 さらに試行錯誤を重ね、自分なりの「森の緑」を作り上げました。

 奥にあるのは黄粉引で、手前のものは「緑粉引」です。まだまだ完成度を上げるために手を入れる余地はありますが、僕の「緑」のイメージにとても近いものになりました。
 どうぞお手に取ってご覧下さい。

 僕は緑のうつわで「柿」を盛りつけるのが大好きです。秋になるのが楽しみ。

カテゴリー: Blog