子と親と芸術

(2013年1月15日 記事)

 年末の片付けで、思い出深いものが出てきた。芸術家佐々木卓也さん(1975~)が描いた我が家族の肖像だ。
 作品には制作年の記載がないが、長女が描かれてないことや、着ている服の感じから中央の長男が1歳の夏に描かれていることが推察できる。その長男はいま14歳だから1999年8月の作と思われる。
 この絵を佐々木さんは、目の前であっという間に描いてくれた。作品からは僕たち家族の当時の雰囲気が生々しく伝わって来る。

『佐々木卓也作「工藤家の肖像」1999年 紙、鉛筆、色鉛筆 297×210(mm)』

 佐々木 さんは小さい頃から、見たものを圧倒的なスピードで表現できる才能を持っており、呼吸するかのように作品を作り続け、その制作量は夥しい。特に粘土による造形力は圧巻で、大量の粘土の塊から動物や人物像などを瞬く間に形作ってしまう。一度見たものは記憶として残り続けるので、いつでもどこでも、鮮明な記憶の中から引き出して制作出来てしまうようだ。
 1995年に全日本アマチュア陶芸コンテストで入賞、その翌年には若手陶芸家の憧れのINAXギャラリー(東京)で初個展を開催。池田満寿夫さんや現代陶芸で知られている西村陽平さんなどに、早くからその才能を注目されている。近年では2010年に栃木県立美術館での「イノセンス」展に草間彌生さん等と共に作品を紹介された。

 佐々木さんとは15年にも及ぶ付き合いだが、深くお話ししたことがない。彼は会話が極端に苦手なので、対外的なサポートはお母様がしている。生活を共にしているだけに、作品がいつ、何処での記憶から成り立っているのかなど細かく把握していて、作品の背景を知ることが出来る。佐々木さんにとっては、最大の理解者であり、支援者だ。
 しかし、一般的に親が支援者となることは難しい。それは、親子の関係では影響力があまりにも強く、才能を妨げることもあるからだ。その事を理解した上で親が支援者となるには忍耐と根気が必要となるだろう。その辺りをお母様にそれとなく聞いてみると、「頑固なので私の言うことを聞かないのよ」と言って笑っておられた。
 他者からの影響を受けないという点で、佐々木卓也さんはアール・ブリュットに近い存在とも言えるようだ。近年、「頑固」を貫くのは大変難しい。社会との折り合いから何事も「許容」してしまう。しかし佐々木さんは「頑固」というスタンスで、作品の独創性を高めるととともに、その制作スタイルから多くのファンや協力者を得ている。無論、それは母親のサポートがあってのことだ。
 見つけた肖像を見て、自分は父親として我が子たちの「頑固」を何処まで延ばすことが出来るものか、それを問われている気がした。

(あさひかわ新聞 工藤和彦の「アールブリュットな日々」より 2013年1月15日掲載)

奇人研究会

(2012年11月12日 記事)

 先日、奇人研究会の海老名ベテルギウス則雄さんが我が家に来られた。  
 海老名さんは、横浜の中華街でド派手な帽子をかぶって颯爽とママチャリで走り抜けて行くおじさん、通称「帽子おじさん」こと宮間英次郎さんを最初に見出した人だ。

 電話がなく、住所が転々と変わってしまう宮間さんに連絡をとるのは難しく、まずは一番の理解者で、宮間さんの行動を熟知している海老名さんに所在をつかんでもらい、連絡をとっていただくのが手っ取り早い。そんなこともあって、海老名さんは宮間さん関係の依頼にその都度対応して下さっている。海老名さん無くして、宮間英次郎さんがこんなに世の中に知られることはなかっただろう。

(左から工藤和彦、海老名ベテルギウス則雄さんと奥様)

 海老名さんは奇人を研究している奇人研究会(正式には畸人研究学会)の会員で、宮間さんの他にも街の中にいる変わり者、奇人と言われる人達を研究している。その研究員の人数が気になったのでうかがってみると、「3人」ということだった。しかも、そのうちの一人は奥様で、メンバーの一人は最近ご無沙汰だという。無論、NPOなどではなく、全く自分たちの興味本意で動いている内輪の会といっていい。

 私は、この会はとても素晴らしい会だと思っている。なぜなら、研究対象とする人に対して、人間同士の尊厳を持った付き合いを重ね、時間をかけて信頼関係を構築しているからだ。さらに、研究対象とする人の利益やパッションを損なわないように計らいながら、外部の人に上手く橋渡しをしている点が素晴らしい。

 長年、滋賀県の福祉施設で陶芸を指導し、現在は世界的に注目を集めているアール・ブリュットの作家である澤田真一さんの創作を見守っている池谷正晴さんが、「私らは黒子です。目立ったらあかんのです」と言っておられたことを思い出す。
 じっくりと時間をかけて信頼関係を構築している人が近くにいることはアール・ブリュットの作家にとって非常に重要であり、また、そういう人がいることで、情報が集まり、様々なアール・ブリュットの展覧会を開催することが出来るのだ。

 読者の皆さんも、まずは「奇人研究会」をご家族やご友人で作ってみてはいかがだろうか。近くに少し変わった人生哲学を持った研究対象となる奇人が、必ずいるはずだ。

(あさひかわ新聞 10月9日号 工藤和彦著「アールブリュットな日々」より)

宮間英次郎さんの記事

哲朗君と粘土の楽しい関係

(2012年10月4日 記事)

 年に数回、私の工房に哲朗君はやって来る。彼との付き合いは、もう12年にもなるだろうか。最初、哲朗君は粘土に触れるのを嫌がっていた。次第に粘土には触れられるようになって、叩いて皿を作ることを教えたりしたが、楽しそうではなかった。粘土の感触や造形の楽しさを彼に伝えたいと思う私を困らせた。その哲朗君が劇的に変わったことがあった。

 出会ってから7年目。無造作に、机から床に落ちた粘土の「音」に気がついたことだった。工房の床下は空洞になっているので、音が共鳴したようだ。私には特に気になるような音ではないのだが、視覚に問題のある哲朗君は驚くほど聴覚が敏感で、それに気がついたのだ。それからというもの、哲朗君は粘土をちぎっては床に放り投げる事を繰り返すようになった。このように積極的に粘土と関わる哲朗君の姿を見て、私は衝撃的だった。陶芸をする者としては粘土を床に落としたらゴミが付くし、床も汚れるので本来は嫌なのだが、哲朗君があまりにも楽しそうにしているから、私は口を出さず見守ることにした。放り投げも2年後にもなると,哲朗君はバケツの水の中に粘土を落として、音を立たせることも発見した。投げた粘土が偶然に作業場のバケツに落ち,「ポチャーン」と音が響いたことがきっかけだった。聴くところによると、どうやら哲朗君は幼少の頃にマンホールの中に小石を落として「ポチャーン」という音を聞くのを密かに楽しんでいたそうで、近所のマンホールを小石で埋めてしまったという逸話もあるらしい。この「ポチャーン」という音が粘土の分量を加減する事で変わっていく事に気がついた哲朗君は,大小さまざまに粘土をちぎって投げ入れて音を聞くようになった。しばらくすると、バケツに溜まった粘土を泥水とともに空中に放り投げて床に落ちる音を楽しむようになった。まるで火山の噴火のような感じだ。
 泥を頭からかぶって、はしゃいでいる彼の姿は、私にとってなんとも神々しい。

 粘土と戯れて心の底から楽しんでいた私の感性は、いったい何処に行ってしまったのだろう。遠い記憶の彼方になってしまった。
「粘土をもっと楽しもう」
 今となっては、哲朗君に私は大事なことを教わっている。

写真:泥まみれの哲朗君

(あさひかわ新聞 2012年9月11日号 工藤和彦 「アールブリュットな日々」より)

シャウトをアートに込めて 藤井晋也

(2012年8月16日 記事)

「無題」藤井晋也 2011年 720mm×510mm クラフト紙 ペン

 滝川市在住の藤井晋也さん(42)から「新作が出来ている」と電話があったので、久しぶりに訪ねてみた。

 藤井さんは、私が代表を務めているNPOラポラポラが道立旭川美術館で企画主催した「北海道のアウトサイダー・アート」(09年)にご出展頂いた作家で、緻密な画風に注目が集まった。その後も札幌の若手アーティストたちのグループ展に招待されるなど活躍している。

 藤井さんの画風は緻密ゆえに制作に時間がかかり、1枚を完成させるのに約三カ月を要する。作品が溜まったらぜひ個展をしてみたいと、私は切望していた。
 私と藤井さんは年齢が近く、同じ時代を過ごして来ただけに、彼との話は大変興味深い。今回の訪問では時間をかけてじっくり彼と話した。

 藤井さんは小学校、中学校、高校で、イジメにあい、心の中にどうしようもない怒りが渦巻いていた少年時代を過ごした。

 相手の事を理解せず、言葉や行動で精神を傷つけて反応を楽しむような卑劣な行為が今も昔も学校や社会にある事はまったく残念だ。
 自分と違っている考えや感性、行動を奇異と捉えず、相手の内面をじっくり見ることが出来れば、自分の価値観に無いそれらの行為を理解し、新しい発想や世界観を得られるのに、まったくイジメとは、もったいない関係性だ。
 多様な価値観を認め合い、発展させてこそ人間社会は豊かになると私は思っている。

 藤井さんがアートに心を寄せたのは、行き場の無い自分の想いを吐き出したかったからだ。  
 高校時代にマンガ雑誌の公募にシンボルマークのデザインがあり、応募したところ紙面に掲載。それがきっかけとなってデザインに興味を持ち、高校卒業後は北海道造形デザイン専門学校に進学し、商業デザインを学ぶ。
 卒業後は海外での創作活動を夢見た。資金調達のために愛知県の自動車組立工場をはじめ札幌や東京でガードマンをしたが、不規則な生活と創作活動で体調を悪くし、ついには精神が不安定となり統合失調症となった。自宅での療養を経て、ようやく07年から少しずつ絵を描けるようになったという。

 藤井さんはCDやラジオから流れる楽曲を聴きながら制作する。「音の波動から生まれてくる線」で構成した文様は、バリのイメージ、ロボット、昆虫、植物、貝殻など様々なものと組み合わされている。

 以前に拝見したものと比べると、さらに表現が固まって、独自の世界がよりリアルになっている。「どんどん聴覚が研ぎ澄まされるのです」と彼は言う。

 芸術によって精神世界で真の自由を獲得しようとする藤井さんの姿勢を私は尊敬している。

 海外での個展という彼の夢を実現させたいと、私も密かに強く思っている。

(あさひかわ新聞 2012年8月14日号 工藤和彦「アール・ブリュットな日々」より) 

信楽から吹いてくる風  伊藤喜彦

(2012年7月10日 記事)

信楽から吹いてくる風
伊藤喜彦(いとうよしひこ)

 コレクションの整理をしていたら、ふと思い出のある品物に目が止まった。同じ場所にしばらく置いてあったので埃がかぶっている。陶の作品なので丁寧にブラシで洗うと、再び美しく輝きを放った。
 陶は割れる心配はあるが、直射日光にも耐え、極寒でも凍らず、汚れれば水で洗う事もできるので、耐光性のない絵画や湿度管理の難しい木彫作品に比べるとコレクションとしては扱い易い素材でもある。

 私は滋賀県の信楽町という焼き物の産地で、陶芸作家の元で3年住み込みの修行した後に、信楽学園という知的障害のある児童のための県立の全寮制の施設「信楽学園」で2年間、窯業訓練の担当として働いていた。

 この作品はこの頃に頂いたものだ。もう20年前になる。伊藤喜彦さんが制作した土鈴で、振るとチリンチリンといい音がする。

 伊藤さんは1934年に生まれた。55年に信楽青年寮(成人の知的障害のある人達のための入所施設)が開設されると入所し、05年に亡くなるまで過ごした。

 信楽青年寮は地域の中で障害のある人達が働き、暮らして行くという事を古くから実践しているところで、信楽の町工場に青年寮の人達が働いている姿をしばしば見かける。伊藤さんも同じように町工場で働きに出ており、ブツブツ独り言を話しながら工場に通っている姿を毎日のように見かけた。

 伊藤さんは1980年頃から陶の作品を作っていた。絵本作家の田島征三さんが、伊藤さんの土鈴と出合い、それが「しがらきから吹いてくる風」(90年/シグロ制作/91分)の制作につながった。この映画は信楽の町で知的障害のある人達がおおらかに働き生きている姿を映し出したドキュメンタリーの傑作で、伊藤さんの豪快な制作の姿もしっかり記録されている。

 伊藤さんについて語られたもので、私が気に入っているのが、田島征三さんの著書「ふしぎのアーティストたち」(労働旬報社)で書かれた伊藤さんの自己紹介の様子だ。田島さんの来訪に伊藤さんは、トイレの隣に特設された個室の中から、「どこの誰だかわからんけど、お土産も持たずにアホな顔ぶらさげたのが来とるようやなあ。まことにもって、どうもすいません。わたしはナサケナイ、シガケンのシガラキのシガラキセイネンリョウの精神の心をググーッと押さえて、無視して土鈴つくってますねん」と挨拶する。

 精神をググーッ押さえてと言うわりには、伊藤さんには奔放で豪快な逸話が多い。

<あさひかわ新聞2012年7月10日発行 工藤和彦「アールブリュットな日々」より>