仙台三越展と列車の旅

 2日間だけですが、ぜひ仙台三越の個展会場でお客様をお迎えしたいと思って
旭川から向かいました。
まだ工事中ですが、旭川の駅です。広々としたいい駅です。

しかし、何故か身障者対応のトイレの設備がなかったり、
ましてや今時、和式のトイレを設置しているなどおかしな点が多い。
今度ゆっくり時間がある時に検証してみたい。

まずは旭川駅から札幌駅に
札幌駅で「急行はまなす」に乗り込む。

始めてこれに乗った。カーペット車両というものがあって、
これに乗るように友人達から勧められたが、すでに満室。
結局リクライニングの車両になった。
札幌から青森までの長時間をこのリクライニング席で過ごすのは
大変だった。次は絶対にカーペト車両だなと確信しました。

青森から新青森に移動して、新幹線「はやて」に乗車。
仙台に向かう。

仙台駅に到着。旭川20時出発で仙台に8時到着。
12時間に及ぶ列車の旅です。

仙台三越美術画廊で朝10時から、お客様を迎えました。
ブログやツイッターで情報を得た方達も来てくださり、
始めての地域での個展ではあったものの心強かったです。
ありがとうございました。

仙台では2日続けて名物の「牛タン」を頂きました。
1日目は「利久」2日目は「太助」
どちらもおいしかったです。
どちらかというと個人的には「太助」の方が
庶民的な印象で良かったです。
さすがに「元祖」といった貫禄勝ちですかね。

2日間だけでしたが、仙台を満喫させて頂きました。
震災の影響がまだ所々に見られましたが、
テレビや新聞での情報の印象とは違って、
仙台は活気がありました。
震災を乗り越える人々の強さを感じました。

仙台三越の工藤和彦の個展は明日までです。
是非、この機会にご覧下さい。

今回、仙台とのご縁が出来た事は本当に良かったです。
今後とも仙台の皆さんよろしくお願いいたします。