北海道の大自然に魅せられた (然別湖)

 久々に然別湖(しかりべつこ)に行ってみました。北海道の中で僕が一番好きな湖です。
然別湖は旭川から車で3時間ぐらいの所にあります。ちょうど旭川から見て大雪山を挟んだ向こう側という感じです。この然別湖は自然にできた湖で、北海道の原生の森の中にひっそりと佇み、その美しさを今日まで保っています。
他の湖に比べて過剰な開発行為がなされていないのも好感が持てます。

然別湖のキャンプ場には夕方到着。
周囲には灯りが無いので、
星がまさしく降るように輝いていました。

朝、早起きをして刻々と変化していく湖の様子を眺めました。

水墨画のような感じです。

湖水の透明度は凄いです。だんだん空が青くなってきました。

鳥達が騒がしくしています。

奥にある山が通称「くちびるやま」と言われています。
湖面に姿が映ると本当に唇の形をしていますね。

朝日が出て来ました。朝靄が金色に輝いています。

湖面を揺らす水鳥の親子。潜っては魚を食べています。
水面から見る湖はさぞかしいいものでしょう。
カヌーを持ってくれば良かったなーと後悔。

然別湖の魅力は湖だけではなくて、その周辺の森も凄いです。

倒木からは、若木が育っています。

湖に流れ込む川の水は清らかです。
フキも刈られた事が無いのでメチャメチャ大きいです。

嬉しい事に、この然別湖周辺には源泉がいっぱいです。
ワイルドに自然の中で温泉を楽しめる事が出来ますよ。

自然の営みを理解して、その中でどのように人間が共生していくのか
アイヌの人達の知恵はその方法を教えてくれるものだと思います。
「いろいろ学ばないとなー」としみじみ考えながらの入浴で