大地に感謝!春の粘土掘り

 大雪だったので、なかなか雪が溶けなかったが、
桜が咲いたし日差しもあたたかくなって、大地も乾いて来た。

いよいよ粘土堀りシーズン到来!
とにかく掘らないと、まったく粘土が手元にないので注文品すら作れません。

さっそく軽トラの荷台に、剣先スコップ、角スコップ、クワなどを用意して、いざ出発!

旭川から北に向かって軽トラを走らせます。
塩狩峠を越えて、和寒町当たりに来ると風景が一変。
南フランスの田園風景のような感じ、、、

爽やかな天気。
空が広いぜ北海道!!

気持ちいいーーーー。
どんどん北に向かって走ります。

夢の大地に到着!これ、ぜーんぶ粘土。

遥々日本海を越えて、風によって運ばれて来た粘土。
2億年もの悠久の時を超えた粘土。
ミラクルクレイ

写真のようにこの一帯は地表から粘土。
だから、、この上でたき火すると地表が焼き物になるんです。

しかし畑作をする人にとって、このような土地は雨が降るとぬかるんで、
乾くとカチコチに固くなってしまうので厄介なんだそうですよ。
この風景を目の前にして感激しているのは僕だけでしょうね。

地表から粘土ですが、草の根などがあるので30センチぐらい掘ります。
天気が怪しくなって来ましたが、
日差しが暑くないので快適に作業が出来ます。

僕は粘土を掘っていると幸せな気持ちになります。
この粘土と共に歩んで来た道。
そして希望を秘めて共に向かう未来。
想いを巡らせていると
ワクワクします。

こんな楽しい作業を人に任せてしまったり、
機械であっという間にやってしまうのは
僕はとてももったいないことだと思っています。

さて、とりあえずこれだけあれば、しばらくはうつわが作れそうです。
無くなったら、またいつでも掘りにくればいいのだ。

さて!この粘土でどんなのが出来るかなー。

大地に感謝!

そして、僕の創作に対して一番の理解者である
この土地のオーナー様にも敬意と感謝!