被災は他人事ではない

 今年の2月。昨年同様に東日本大震災に向けて募金をしようと考えていた矢先のアクシデントでした。
異常なほどの寒気に見舞われた旭川では気温が低く、また降雪も多いため積雪量が例年に比べ遥かに多くなりました。
そのため、旭川では市場や体育館の屋根が積雪の重みで潰れたりしました。無論、民家でも多くの被害が出ています。特に岩見沢市の被害が大きく、当時大きく取り上げられていました。

残念ながら、僕もその被災者となりました。数日続いた吹雪で屋根に雪がたまってしまい。雪下ろしが間に合わないうちに、作業場の屋根が重みに堪えかねて折れてしまいました。

無惨に建物の左側の屋根が折れているのが分かるでしょうか。
この現状を見て呆然としましたが、とにかく冬までには資金をためて直さなくてはと考え、これまで頑張って来ました。
そしてようやく、秋になって工事が始まりました。

さすがに高いところの作業なので、自分で修繕出来ないので知り合いの親切な業者さんにお願いしました。
まず、鉄の非常階段を取り外して、足場を組みます。手際よく作業して頂いて、数日後には見事に復活しました。

これで、とにかく一安心です。何とか冬を迎えられます。
それにしても、いつも自分にも災害の危機はあるものだと考え、行動しなくては、、、、と教訓になりました。