リヨンへ 羽田ードバイーリヨン

 リヨンはさすがに遠かった。9月2日に羽田国際空港を深夜に出発して、飛行時間10時間30分で、まずはドバイ。リヨン行きの飛行機を7時間も待たなくてはならず、ひとまずドバイを散策。

直前まで東京での個展で連日在廊していたこともあって、北海道暮らしの僕は東京の暑さに、うんざりしていました。きっと砂漠の中にあるドバイの街はさぞかし猛烈に暑いのだろうと心配していましたが、なんとドバイでは鉄道や歩行空間が中央部まで届いていて、大きなパイプの中を移動している限りは、外気にさらされる事なく、快適に空港から市街地まで観光が出来るのです。宇宙都市があったらこんな感じかもしれません。

しかし、ずっとパイプの中なので、やっぱり外を歩いてみたいな、、、、と思って一旦パイプから出てみたが、やっぱり暑い!
それでもジリジリした日差しに耐えながらも、世界一の高層ビルの「ブルジュ・ハリファ」(828m)をなんとか撮影。

そのまま冷房の効いたパイプの中を進んで行くと、巨大シティーモールに到着。
ホットドックを食べて、ブラブラ散策をする。

とにかくドバイのシティーモールは巨大すぎて、きっと全部見ようと思ったら1週間はかかりそうだ。旭川のイオンの30倍くらいはありそう。歩き疲れ、迷子になる前に早々に大きなパイプを通って空港に戻る。

7時間では当然ドバイの魅力も分からず、、、、とにかくドバイのインフラ整備の凄さにビックリ。
今度は暑さを克服して、砂漠でラクダに乗ったり、海で泳いでみたいものです。

ドバイからリヨンまでは7時間25分の飛行機の旅。
今回はエミレーツ航空を利用しましたが、とっても快適な空の旅でした。

そして、ようやくフランスリヨンに到着!
古い町並みが心地よく。気候も北海道に似ていて爽やか。
ドバイとは対照的です。